3月読了・・・。

うららかな春がやってきた~と言いつつも先週末からの寒の戻りでうす寒い日々でございます。
新年度、新生活も始まり皆さん、お疲れではないですか・・・。
私は、毎土日休みというものが(いわゆる週休2日)4月より復活しまして、気持ちも明るく元気にやっております。

3月の読書も2月と同じ冊数読めたようです。
内藤了さんの新刊2冊、テイストの違うシリーズですが安定の面白さ。
ほしおさなえさんの「活版印刷三日月堂」のシリーズ3冊目。いつ読んでも心地よい一冊。

さて、4月はどんな本との出会いがあるのか楽しみです。


3月の読書メーター
読んだ本の数:18
読んだページ数:5785
ナイス数:201

さよなら、わるい夢たちさよなら、わるい夢たち感想
麻衣亜にとってわるい夢とさよならすることが一番よいことだったのでしょうか。わるい夢・・・今まで生きてきた人生の否定のような気がしました。それだけいいことのない人生だったのかもしれませんが・・・。楽園できっと幸せだけの毎日でしょうね。
読了日:03月30日 著者:森 晶麿
仮面の君に告ぐ仮面の君に告ぐ感想
どんでん返しとはまた違ったラストの落ち・・・。タイトルはそういうことだったのね。結局、和沙には絶望しかなかったわけですね。可哀そうでした。
読了日:03月28日 著者:横関 大
破壊者の翼 戦力外捜査官破壊者の翼 戦力外捜査官感想
シリーズ5冊目。今回は、設楽さんも怪我もせず順調かしらと思いましたけど・・・。実際に起こりそうな事件でした。綺麗にまとまりすぎかなという気もしました。
読了日:03月26日 著者:似鳥鶏
世界が終わる街:戦力外捜査官 (河出文庫)世界が終わる街:戦力外捜査官 (河出文庫)感想
設楽さんのケガがどんどん大きくなりますね。実際に起こりそうな事件なので恐怖もあるし、共感できる部分もある。新刊に追いついたので次の巻が楽しみです。
読了日:03月25日 著者:似鳥鶏
ゼロの日に叫ぶ: 戦力外捜査官 (河出文庫)ゼロの日に叫ぶ: 戦力外捜査官 (河出文庫)感想
名無しさん、最強キャラですね。どこまで逃げ切るのでしょうか。怪しいなと思っていたら案の定でした。相変わらず左側ばかり怪我する設楽さんがお気の毒です。
読了日:03月22日 著者:似鳥 鶏
鷹の砦 警視庁捜査一課十一係 (講談社ノベルス)鷹の砦 警視庁捜査一課十一係 (講談社ノベルス)感想
早いものでシリーズ10作目。タイトルがどうも気になりまして…。鷹野さんの砦という解釈でいいのかな~。犯人の巧妙さが今回も伝わってきました。
読了日:03月21日 著者:麻見 和史
神様の値段: 戦力外捜査官2神様の値段: 戦力外捜査官2感想
設楽さんの妹さんがお気の毒すぎて・・・。いくつも事件が起きるも最後はまるっと回収してくれるのでスッキリします。
読了日:03月20日 著者:似鳥 鶏
教場0: 刑事指導官・風間公親教場0: 刑事指導官・風間公親感想
風間教官が現場刑事時代のお話。刑事時代から後輩をしっかち育てていたんですね。なんだか最後はちょっと切ないでしたが現在の風間教官に繋がっているということがよくわかった。
読了日:03月19日 著者:長岡 弘樹
([ほ]4-3)活版印刷三日月堂 庭のアルバム (ポプラ文庫)([ほ]4-3)活版印刷三日月堂 庭のアルバム (ポプラ文庫)感想
活版印刷にますます興味が湧きます。カナコさんの短歌が心に沁みます。弓子さんの転換期によってお話も続くのでしょうか。楽しみに続編待ちます。読書メーター読んだ本の800冊目でした。
読了日:03月16日 著者:ほしおさなえ
貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)感想
ドラマはこちらがメインだったのでしょうか。愛香がびっくりするほど残念キャラでした。ドラマとラストがちがうようでしたので続編があるのでしょうか。
読了日:03月14日 著者:麻耶 雄嵩
夢探偵フロイト: -マッド・モラン連続死事件- (キャラブン!小学館文庫)夢探偵フロイト: -マッド・モラン連続死事件- (キャラブン!小学館文庫)感想
新しいシリーズになるのでしょうか。出版社を飛び越え話しがリンクされているようで面白かった。続編がありますように・・・。
読了日:03月14日 著者:内藤 了
貴族探偵 (集英社文庫)貴族探偵 (集英社文庫)感想
ドラマよりよく意味がわかりました。全く推理しないのに貴族探偵って名乗って不思議ですね。面白かった。
読了日:03月11日 著者:麻耶 雄嵩
1999年の王1999年の王感想
なんだかすごいラストでした。こういう風にしか生きて生けない人たちってきっと存在するのだと思う。加藤さんは幅の広い作家さんですね。
読了日:03月10日 著者:加藤 元
COPY 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)COPY 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)感想
確実に最終巻へ向かっていますね。コピーとはそういう意味でしたか・・・。最終巻までに今までの分を読み返してみようと思います。
読了日:03月09日 著者:内藤 了
東京カウガール東京カウガール感想
小路さんの作品には、カフェ、喫茶店がよく出てきますね。悪を懲らしめるために暴力以外の道があれば良いのですけど・・・。
読了日:03月07日 著者:小路 幸也
戦力外捜査官 姫デカ・海月千波戦力外捜査官 姫デカ・海月千波感想
ドラマは観ていなかったので読んでみました。次の巻で事件は解決するのでしょうか。読んでみます。
読了日:03月04日 著者:似鳥 鶏
捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希 (『このミス』大賞シリーズ)捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希 (『このミス』大賞シリーズ)感想
二神さん登場あたりから話しが一気に進みましたね。研究者の世界もいろいろとあるのですね。STAP細胞の真相が知りたいですね・・・。
読了日:03月02日 著者:喜多 喜久
ネコと昼寝―れんげ荘物語ネコと昼寝―れんげ荘物語感想
シリーズ3作目。間をあけずに3作続けて読めたので楽しめました。キョウコさんの生き方って憧れてしまいます。常にお金のことが頭にあるような気もしますが、許されるならやってみたいですよね。お母さん、大丈夫ですかね。続きますね。
読了日:03月01日 著者:群 ようこ

読書メーター

[PR]
# by meguri-sasayaka | 2018-04-10 19:33 | Trackback | Comments(0)

2月読了・・・。

3月に入りまして、昨日なんて本当に良いお天気でポカポカしておりました。

逃げる月・・・2月。それなりに日々過ごしておりましたが、結構本を読んでいます。
ストレスが溜まればたまるほど読むのかもしれない・・・。とふと気づいた次第であります。

えらい人気のある「屍人荘の殺人」読みました。作者の初著書作品で賞をとったということで才能のある方ってホントに凄いですね。
なぜか謎のゾンビ集団には驚きましたけど・・・。

現在、放映されているドラマの原作「父と子の旅路」話しが気になって、文庫本購入。
なんとな~く気付いていたことがぴったりはまってしまったけど、親が子を思い、子が親を思い。
いいお話でした。

2月の読書メーター
読んだ本の数:18
読んだページ数:5063
ナイス数:246

鶏小説集鶏小説集感想
コンビニのあげチキで繋がる物語、面白かった。肉小説はちょっとブラックな感じでちょっと後味が悪かったけれどこちらは読後も良かった。
読了日:02月25日 著者:坂木 司
働かないの―れんげ荘物語働かないの―れんげ荘物語感想
れんげ荘シリーズ。キョウコさんの何もしない生活が続いていてうらやましい限りです。お母さんとの関係は難しいですね。離れるのが一番です。
読了日:02月24日 著者:群 ようこ
れんげ荘れんげ荘感想
どうも小林聡美さんともたいまさこさんで変換されて物語が進んでしまいました。なんだかちょっとうらやましくなるお話でした。
読了日:02月23日 著者:群 ようこ
二重螺旋の誘拐 (『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ)二重螺旋の誘拐 (『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ)感想
最後まで何も疑わず面白く読めました。インコがね、笑えました。
読了日:02月22日 著者:喜多 喜久
父と子の旅路 (双葉文庫)父と子の旅路 (双葉文庫)感想
ドラマが面白くて、先が気になったので読みました。原作が面白いですね。誰かが誰かを思い行動した結果・・・長い長い26年の旅路だったと思います。小杉さんのほかの作品も読んでみたいです。
読了日:02月21日 著者:小杉 健治
護られなかった者たちへ護られなかった者たちへ感想
生活保護受給について深く考えさせられる一冊。犯人の声明文に共感。けいさんの最後には涙が出た。中山七里さんのどんでん返しが私は好きです。
読了日:02月19日 著者:中山 七里
スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 想いを伝えるシチュー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 想いを伝えるシチュー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
理恵の頑張りが報われる日が早く来るといいなと思います。麻野さんの静句さんへの思いはかわらず強いですよね。美味しいスープがいつまでも続きますように・・・。
読了日:02月18日 著者:友井 羊
逃亡刑事逃亡刑事感想
佐古じぃの登場が私のなかでは大きかった。いいキャラですね。冤罪、生活保護不正受給、施設問題。現代時事が盛り込まれて中山さんらしい一冊でした。
読了日:02月17日 著者:中山 七里
パトリオットの引き金 警視庁捜査一課・田島慎吾 (講談社ノベルス)パトリオットの引き金 警視庁捜査一課・田島慎吾 (講談社ノベルス)感想
郷間彩香シリーズだと思っていたら新シリーズだったのですね。田島さんと毛利さんいいコンビになりそうですね。
読了日:02月15日 著者:梶永 正史
屍人荘の殺人屍人荘の殺人感想
とても人気のある本のようで読んでみました。デビュー作品だったのですね。ゾンビが何日も掛けて人間を襲うってすごいですね。何となく殺人を実行しているひとの動機は気付きましたが犯人は考えずに最後まで読みました。次回作が楽しみです。
読了日:02月12日 著者:今村 昌弘
婚約迷走中 パンとスープとネコ日和婚約迷走中 パンとスープとネコ日和感想
今回はしまちゃん一色。しまちゃんが「奴」と呼ぶところが一種の照れ隠しかもしれませんがどうも好きになれずでした。
読了日:02月11日 著者:群ようこ
探偵少女アリサの事件簿 今回は泣かずにやってます探偵少女アリサの事件簿 今回は泣かずにやってます感想
サブタイトルに思わずクスリとなりますね。小学4年生とは思えない推理力に行動力。このシリーズならではという感じで楽しませて貰っています。
読了日:02月10日 著者:東川 篤哉
きまぐれな夜食カフェ - マカン・マラン みたび (単行本)きまぐれな夜食カフェ - マカン・マラン みたび (単行本)感想
みたびめ。毒を吐く場所を間違ってはいけない。匿名のネットの世界で吐く毒ほど恐ろしいものはない。シャールさんに出会えた人たちは幸せですね。カフェ マカン・マランの食事を食べられることも・・・。
読了日:02月08日 著者:古内 一絵
AX アックスAX アックス感想
昨年予約したものでした。どこかで読んだことのあった「BEE」は、ほっこりミステリーでしたね。最初から最後まで兜、兜、兜。殺し屋で恐妻家な兜。殺し屋がまた一人いなくなってしまった・・・。地味な印象の兜の家族愛だったり、大切な人々への思いだったり伝わってきました。さすが伊坂さん。
読了日:02月05日 著者:伊坂 幸太郎
死香探偵 - 尊き死たちは気高く香る (中公文庫)死香探偵 - 尊き死たちは気高く香る (中公文庫)感想
最近こういう特殊清掃がテーマのものってテレビドラマとかでもありますし、時代なんでしょうかね。このまま事件解決のお手伝いが続くと潤平は、食べれるものがなくなりそうですよね。
読了日:02月04日 著者:喜多 喜久
緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫)緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫)感想
シリーズ3作目ですがシリーズの始まりのお話。こちらを最初に読んでもいいかもですね。前2作よりちょっと難しかったような気もします。国木田・鳴海コンビなかなかいいですね。
読了日:02月03日 著者:麻見 和史
憑き御寮 よろず建物因縁帳 (講談社タイガ)憑き御寮 よろず建物因縁帳 (講談社タイガ)感想
大好きなシリーズ。今回もやっぱり怖いんだけどどういう風におさめるのか気になってどんどん読めました。仙龍には42歳を乗り越えて欲しいです。生き続けて欲しいな。
読了日:02月02日 著者:内藤了
ストレンジャー・イン・パラダイスストレンジャー・イン・パラダイス感想
いい人が沢山で読んでいて気持ちが良い。今後をぜひ書いていただきたいな~。
読了日:02月01日 著者:小路 幸也

読書メーター

[PR]
# by meguri-sasayaka | 2018-03-05 19:53 | book | Trackback | Comments(0)

1月読了・・・。

今朝の寒さも一段と凄くて、霜柱が真っ白でした。
2月に入りました。お休み気分の続いた1月でしたがそうそう浮かれてもいれませんので年度末へ向けてコツコツ作業がいろいろ大事になってきますね。

「下鴨アンティーク」シリーズが最終巻でした。京都の街並み、料理、お菓子などなどいろいろと創造しつつ楽しめました。番外編が出るようなので楽しみです。
「蜘蛛殺し」結構なタイトルですけど…いい意味で裏切られ面白かった。最近歌舞伎界がにぎわっているので野次馬気分で読んでみました。

1月中旬よりの図書館の蔵書点検で1月いっぱいは本を借りれなかったのですが、閉館前に借りた本でどうにかつなぎました。
また、2月もいろいろと読めますように…。


1月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:3942
ナイス数:151

太郎とさくら太郎とさくら感想
太郎のお人よし具合にちょっとびっくり。野口さんもいい年齢で残念なおひと。
読了日:01月27日 著者:小野寺 史宜
小説 言の葉の庭 (角川文庫)小説 言の葉の庭 (角川文庫)感想
初読み作家さま。「きみの名は」もまだ未視聴ですがタイトルの響きが気になって手に取りました。淡々と流れゆく日々に迷い、悩みつつも前進する主人公に好感がもてました。映像化されているんですね。観てみたいです。
読了日:01月24日 著者:新海 誠
胡蝶殺し胡蝶殺し感想
ミステリー要素はほとんどなく、安心して読めました。萩太郎さんは、ぶれることなく素敵な方だと伝わってきました。
読了日:01月22日 著者:近藤 史恵
捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター感想
映像化向きのお話でした。宇野さんの登場がなく残念でした。
読了日:01月21日 著者:結城充考
本日も教官なり本日も教官なり感想
軽く読めましたけど、中身は結構いろいろあって読み応えありました。願わくばしのさんも上手くいってほしかったけど、現実をみて下した決断、勇気があると思いました。ほかのシリーズとつながりがあるようなので読んでみたい。
読了日:01月18日 著者:小野寺 史宜
腕貫探偵、残業中腕貫探偵、残業中感想
やはり順番良く読むものですね。ようやくユリエとのつながりがわかりました。この頃からグルメを披露していたのですね。
読了日:01月17日 著者:西澤 保彦
ミステリークロックミステリークロック感想
「ゆるやかな殺人」、「鏡の国の殺人」は、映像化されたのを見ていたのでわかり易かった。「ミステリークロック」は難しいですね。「コロッサスの鉤爪」が良かった。海が密室という設定も凄い。こちらは映像で見てみたいですね。
読了日:01月14日 著者:貴志 祐介
十三階の女十三階の女感想
女性著者だからこそここまで描けるのでしょうが取り調べシーンやいかにも女を武器にしているところが引きました。公安の仕事自体のわかる面白いお話でした。
読了日:01月12日 著者:吉川 英梨
テーラー伊三郎テーラー伊三郎感想
いつもの川瀬さんと随分違う内容でしたが服飾を学んでこられたということで細かいところまで書かれており、ぜひ実物を見てみたいという気持ちになった。なんだろうな、びっくりすることの連続なんだけど楽しそうだなそう思える。
読了日:01月10日 著者:川瀬 七緒
ホワイトラビットホワイトラビット感想
残念なことに黒澤さんの登場の記憶がほとんどなくて。既読の本の中でも登場されていたようですが・・・。ちょっと黒澤さん探しでもう一度読んでみようと思う。伊坂さんぽくとっ散らかったものが一気に回収されました。
読了日:01月09日 著者:伊坂 幸太郎
契約結婚はじめました。 2 ~椿屋敷の偽夫婦~ (オレンジ文庫)契約結婚はじめました。 2 ~椿屋敷の偽夫婦~ (オレンジ文庫)感想
どちらかというと修一の方が心が動いていて行動にも出ているような・・・。契約結婚、偽夫婦がいつか本当の夫婦になる日も近い気もします。
読了日:01月03日 著者:白川紺子
下鴨アンティーク 白鳥と紫式部 (オレンジ文庫)下鴨アンティーク 白鳥と紫式部 (オレンジ文庫)感想
シリーズ最終巻。京都の四季折々を知ることが出来るお話が終わってしまって残念です。番外編もあるということで楽しみにしたいです。幸ちゃん、たくましく生きて行って欲しい。
読了日:01月02日 著者:白川 紺子

読書メーター

[PR]
# by meguri-sasayaka | 2018-02-02 12:09 | book | Trackback | Comments(0)

12月読了・・・2017。

雪マークがついておりますが降りますかね~積もりますかね~

12月は、ほとんど読めなかったな~と思っていたのですが、9冊とは結構読めてますね。
長く待った東野圭吾さんの「マスカレード・ナイト」。
年末年始の少し長く借りれる期間にちょうど借りることが出来たので、ちょっとゆっくり堪能しようかと思っていたのですがどうにも先が気になり、一気に読んでしまいました。
私と同じように首を長くして待っていらっしゃる方が100人以上いらっしゃるので、読み終りでサクッと返却。
きっと、年末年始に手にできた方がいらっしゃるはず・・・と勝手な自己満足へ(笑)
こちら、映画化決まっておりますが今回も楽しめました。

原田マハさん「たゆたえども沈まず」久しぶりに読み切らないで返却かもしれない・・・。というタイミングで予約が回ってきました。
とっても分厚い本でしたが、どうにか読む隙間をみつけ、ひたすら読むということをしました。

誉田さんの姫川シリーズもまたまた動き出した感じで楽しめました。


12月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:2544
ナイス数:195

ノーマンズランドノーマンズランド感想
姫川シリーズ。日下さんって玲子に対してこんなにやさしいキャラでしたかね。井岡の出現がちょこっとだったのか残念でした。武見検事との今後が楽しみですね。本線の女子大生の殺人事件は、どこかで回収されるのでしょうかね~・
読了日:12月25日 著者:誉田哲也
マスカレード・ナイトマスカレード・ナイト感想
図書館予約3か月ほど待ちまして年内に読めて良かったです。すいすいゆっくり読みたかったのですがすいすい読めてしまってあっという間でした。まだまだ、たくさんの方が待っているようですので早めに返しましたよ~。山岸さんのコンシェルズ姿惚れ惚れしますね、かっこいいです。続編もよろしくお願いします。
読了日:12月22日 著者:東野 圭吾
若葉の宿若葉の宿感想
初読み作家さま。京都が舞台のお話だったので読んでみました。なかなか楽しめました。古きを守るって本当に色々な面で大変ですよね。若葉には頑張って欲しいな。
読了日:12月14日 著者:中村 理聖
教場2教場2感想
前作より安心して読めた気がします。風間教官の半引導って凄い威力がありますよね。最後の三浦さん、乗り越えましたね。
読了日:12月13日 著者:長岡 弘樹
探偵が腕貫を外すとき探偵が腕貫を外すとき感想
巡回中とはそういう意味だったのですね。動きのある腕貫さんが新鮮でした。
読了日:12月12日 著者:西澤 保彦
帰ってきた腕貫探偵帰ってきた腕貫探偵感想
どうやら読む順番を誤ったようです。シーリーズ最新刊だったのですね。なんだか急に話しが飛んでるような~という気はしていたのですが・・・。一作目よりも腕貫さんと依頼者との絡みが少ないように感じました。
読了日:12月06日 著者:西澤 保彦
たゆたえども沈まずたゆたえども沈まず感想
ゴッホの短すぎる生涯を弟テオ目線でのお話でした。「たゆたえども沈まず」この言葉が好きになりました。そして表紙の「星月夜」の絵もすごくいいですね。とてもボリュームある一冊でしたので読み切れるか不安でしたが読みだすと止まらず・・・。
読了日:12月05日 著者:原田 マハ
クリスマスを探偵とクリスマスを探偵と感想
絵本と知らず手元にきてびっくりしました。絵を描いた方のことは初めて知ったのですがなんだか本の内容と合っていてすごく良かったです。絵本という短い文章での伊坂ワールド斬新でした。
読了日:12月03日 著者:伊坂幸太郎
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (角川文庫)CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (角川文庫)感想
ドラマの原作に近い内容かなと手に取りましたが全くの別な話で面白かった。ドラマも続編があるかもですね。
読了日:12月03日 著者:周木 律

読書メーター

[PR]
# by meguri-sasayaka | 2018-01-10 12:17 | book | Trackback | Comments(0)

2018年・・・戌の年。

年末のご挨拶もままならぬまま、新年のご挨拶になってしまいました。
2018年 おめでとうございます。
今年もゆっくりペースではございますが、こちらの「ささやかな日々」ブログへのお付き合いをどうぞよろしくお願い致します。

もうみなさん、すっかりお正月モードも抜けてらっしゃることと思います。
私の年末年始はと言いますとお掃除は、早々に断念しウロウロしておりました。
お掃除は、これから少しずつやっていきます。(希望)

昨年の初日の出がすごく良かったということで、今年は珍しく福袋参戦もしなかったので初日の出を見に行くことに・・・。
なぜか、あつ~い雲に阻まれて見えません・・・。
場所によっては、とっても綺麗に皆さん見られていたので、まっそういうこともあるよね~と軽く落ち込みつつも早起きできたので良しとしました。
e0124178_09095304.jpg























私の場合、年度末の3月の方が、今年も一年終わったな~という気がするので新しい年が始まった~という実感は薄いですが正真正銘2018年、平成30年ですので新たな気持ちで精進していきたいです。

鹿児島市内は本日、成人の日の式典ですね。新成人のみなさま、おめでとうございます。
20歳、いい響きですよね~今という時を大切になさって下さいね。









[PR]
# by meguri-sasayaka | 2018-01-06 12:07 | 日々ごと | Trackback | Comments(0)