9月読了・・・。

10月スタートしました。
1日(日)の姪っ子の運動会は、秋晴れのもと無事終了。
とっても過ごしやすかったですが、午後から日差しがギラギラと・・・。
今週末も姪っ子運動会です~。

9月は、読書が進みました~。
2日に一冊は読んだことになりますね。
はい、何にもせず本ばかり読んでおりました。

真夜パン、いよいよ最終巻でした。私は途中からまとめ読んだほうなのですが結構長い期間にわたってますよね。
初読み作家の「ほしおさなえ」さん、「活版印刷三日月堂」。とっても読みやすい本でした。
読後がとても良かったです。

9月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:4914
ナイス数:207

モモンガの件はおまかせを (文春文庫)モモンガの件はおまかせを (文春文庫)感想
前作より間があいたので、登場人物等記憶が少しあやふやでしたが読み進めているうちに思い出せました。4つの短編が最後には一つに繋がりました。言葉を話すことの出来ない動物ですから、きちんと責任を持った飼育やお世話が大切と改めて考えさせられました。
読了日:09月27日 著者:似鳥 鶏
ワルツを踊ろうワルツを踊ろう感想
了衛さん、なんだかお気の毒なキャラでした。人って一度悪意の取りつかれてしまうと破壊まで一気に進んでしまうのですね。わかりやすい真犯人の心理的誘導で追い込み具合がお見事です、さすが中山さん。
読了日:09月26日 著者:中山 七里
真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)感想
前作のほうが最終巻という感じでした。完結編ということで前作より5年の間にあった出来事に触れつつ現在のそれぞれの状況説明といったところでしょうか。美和子と暮さんって本当に深いところでお互いを思いやっていたのですね。完結かもしれませんがまた、いつかスピンオフののようにみんなの近況が知りたいです。
読了日:09月26日 著者:大沼 紀子
([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)感想
初読み作家さま。とっても読みやすい本でした。すっきりとした行間、フォントってポプラ文庫さんの特徴なのですかね。物語もとても良かった。活字を拾うワークショップ私も一度参加してみたいです。何かに迷うお客さまに寄り添って一緒になって考えて、行動して背中を押してくれる弓子さんは、素敵だなと思いました。
読了日:09月24日 著者:ほしお さなえ
水鏡推理6 クロノスタシス (講談社文庫)水鏡推理6 クロノスタシス (講談社文庫)感想
過労死がテーマ。過労が数値化されたらすごいことになるでしょうね。きっとほとんどの人が休養必要となるでしょう。最後のどんでん返しにびっくりしました。面白かった。
読了日:09月18日 著者:松岡 圭祐
水鏡推理5 ニュークリアフュージョン (講談社文庫)水鏡推理5 ニュークリアフュージョン (講談社文庫)感想
またまたすごい部署に異動になりましたね。専門用語が難しくて斜め読み。まさか…と思わせる描写がお上手でした。最後は信じられる人で良かったです。
読了日:09月16日 著者:松岡 圭祐
ネメシスの使者ネメシスの使者感想
死刑制度がテーマの一冊でした。意外な犯人でしたが何とも手の込んだ準備。それだけ罪を犯した人間への憎しみが強いということ。被害者家族や周りの人が犯罪に手を染めることのない世界になって欲しい。まさか、まさかが連続しておこるお話だった。
読了日:09月12日 著者:中山 七里
掟上今日子の裏表紙 忘却探偵掟上今日子の裏表紙 忘却探偵感想
まさかの今日子さん、容疑者。警察までも上手に掌で転がすとはさすがです。厄介さんの地位が向上したようですが、なんせ忘却探偵ですからね。続編もすでに決まっているようなので楽しみです。
読了日:09月10日 著者:西尾維新
探偵の鑑定2 (講談社文庫)探偵の鑑定2 (講談社文庫)感想
添乗員シリーズに水鏡シリーズのヒロインまで登場して何とも豪華。いいラストでした。須磨さん、桐嶋さんのけじめのつけ方も納得できました。添乗員シリーズも読まなくては・・・。
読了日:09月09日 著者:松岡 圭祐
探偵の鑑定1 (講談社文庫)探偵の鑑定1 (講談社文庫)感想
探偵の探偵はドラマで見ましたけど、細かい設定が違うようなので読んでみようと思う。万能鑑定のほうもまだ一冊しか読んでいないので読んでみよう。
読了日:09月07日 著者:松岡 圭祐
物件探偵物件探偵感想
初読み作家さん。不動産売買、取引についていろいろと知らないことが多いんだなと思った。いろいろ巧妙な手口もあって気をつけなくてはいけないということが知れて良かった。ちょっと変わった不動尊子さん、面白かったです。
読了日:09月06日 著者:乾 くるみ
分解日記 光二郎備忘ファイル分解日記 光二郎備忘ファイル感想
五七五で会話を楽しむお母さん、変わってて面白い。願わくば男の子の鉛筆削りの修理を早くしてあげて~。続編も読んでみたい。
読了日:09月05日 著者:大山 淳子
幸腹な百貨店 デパ地下おにぎり騒動幸腹な百貨店 デパ地下おにぎり騒動感想
前作が何か足りないな~という思いだったので今回はとても良かった。おにぎり一つにいろんな人のいろんな思いが繋がって良かったです。はるおばあちゃんのお惣菜食べてみたいです。
読了日:09月03日 著者:秋川 滝美
ファミレス (下) (角川文庫)ファミレス (下) (角川文庫)感想
色々な問題を食が解決してくれました。栄養のあるよい材料良いものを食べることも大切ですが、誰と食べるかって本当に大きいですよね。ほかの重松作品も読んでみようと思います。
読了日:09月02日 著者:重松 清
ファミレス (上) (角川文庫)ファミレス (上) (角川文庫)感想
重松さん初読み。タイトルの意味って奥深いですね。登場する男性陣が作る料理がお見事ですね。いろいろ謎のまま下巻へ。
読了日:09月01日 著者:重松 清

読書メーター

[PR]
# by meguri-sasayaka | 2017-10-03 19:19 | book | Trackback | Comments(0)

9月も終わり・・・。

9月も最終日となりました。
今月から、土曜出勤も復活しまして、夏も終わりなんだな~と感じます。
9/18には、姪っ子chi♪さん、一週間後に私のBirthdayで美味しいごはんにケーキを食べる期間も無事終わりまして短い秋を楽しんでおります。

姪っ子chi♪さんのプレゼントに、コーデュロイでワンピースを作りました。
ワンピース好きな彼女なので、沢山着てくれることを願っております。
また、一年これからも元気に過ごせますように…。
e0124178_10314636.jpg



























明日は、him♪さんの運動会。
お天気も全く心配いらずのようで楽しみです。



[PR]
# by meguri-sasayaka | 2017-09-30 12:25 | 日々ごと | Trackback | Comments(0)

8月読了・・・。

夏から秋へと確実に季節は移っていますね。
暑い暑いと言っていた日々が今ではすでに懐かしかったりします。
短い秋を楽しめるそんな一冊に出会いたいものです。

8月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:3786
ナイス数:144

うなぎ女子うなぎ女子感想
何とも食欲をそそられる表紙。読んでる間中も頭の中はうなぎでいっぱい。短編それぞれが一人の男性で繋がっているんだけどちょっとインパクト弱い感じでした。なぜか急に警察に自首する女の子とか出てきてびっくり。久しぶりのカトゲンさんでした。
読了日:08月30日 著者:加藤 元
幸腹な百貨店幸腹な百貨店感想
初読み作家さん。幸腹のタイトルとつながりっていったい・・・。元治さんの内なる声がちょっと多かったような。続編も出ているようなのでどう繋がるのか読んでみたい。
読了日:08月29日 著者:秋川 滝美
土曜はカフェ・チボリで土曜はカフェ・チボリで感想
なんだか不思議な一冊でした。デンマーク料理とか詳しくないのでちょっとよくわかりませんでしたが、週1オープンのカフェでも通いたくなりました。
読了日:08月28日 著者:内山 純
死者の盟約: 特捜7死者の盟約: 特捜7感想
7係とSITとのやりとりがギスギスしていた。麻見さんは女性の刑事さんを描かれるのがお上手ですね。早く「佐倉の園」が結成されたシリーズを読みたいものです。
読了日:08月26日 著者:麻見 和史
特捜7: 銃弾特捜7: 銃弾感想
新シリーズのようで十一係と登場人物のキャラがかぶらない感じで面白かった。里中さんの隠されたいろいろが今後明かされるのか楽しみです。
読了日:08月21日 著者:麻見 和史
バベル九朔バベル九朔感想
初読み万城目さんでしたが、ちょっと手強いのを読んでしまったようですね。途中までは面白く読んだんですが、カラス女さん登場あたりから不思議ワールドでした。
読了日:08月15日 著者:万城目 学
ストラディヴァリウスを上手に盗む方法ストラディヴァリウスを上手に盗む方法感想
表題作と三部作は面白かった。最後はちょっと私には理解が難しかった。
読了日:08月14日 著者:深水 黎一郎
秋霧秋霧感想
久しぶりの山岳もの。以前別々の物語に登場した倉持さんに深江さんの二人が一緒に登場とは面白かった。最後はまさかの展開でしたけど、なんだか続きそうな終わりだったので即編楽しみにします。
読了日:08月13日 著者:大倉崇裕
ピエロがいる街ピエロがいる街感想
突然殺人が起こってびっくりしましたけど、いい本でした。面白かった。
読了日:08月12日 著者:横関 大
MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)感想
相変わらず猟奇殺人ですけど、次巻に続く内容でほぼいろいろ謎のまま。次巻はさぞかし凄い内容になりそうで期待します。
読了日:08月11日 著者:内藤 了
永久囚人 警視庁文書捜査官永久囚人 警視庁文書捜査官感想
なんとも後味の悪い事件でした。出し抜くつもりはないのに4係より先を行ってしまう、文書捜査官たち。今回は矢代さん頑張ってましたね。夏目さんも増えたのでシリーズとして続くのでしょうか。
読了日:08月06日 著者:麻見 和史
警視庁文書捜査官警視庁文書捜査官感想
文書捜査官というのに興味を持ったので読んでみた。文書捜査というより普通に地道に捜査している印象でした。犯人の章と交互に話しが進むのは、ほかのシリーズと似ているなと思った。
読了日:08月05日 著者:麻見 和史
増山超能力師大戦争増山超能力師大戦争感想
前作よりだいぶ時間が経ってしまっていたのでテレビドラマのイメージで読むことに。大戦争というわりにはそうでもなかったような・・・。増山さんと悦子の関係もちょっと嫌だった。ありすちゃんが大化けするのでしょうか。続編あるといいですね。
読了日:08月03日 著者:誉田 哲也

読書メーター

[PR]
# by meguri-sasayaka | 2017-09-04 12:13 | book | Trackback | Comments(0)

7月読了・・・。

暑い、暑いという言葉しか出てこない毎日ですよね。
ここ最近は、ゲリラ豪雨的な突然の雨もあったりして。
皆さま、夏バテ、熱中症にはくれぐれもお気を付け下さいね。

7月は、イベント出店準備をしながらでしたけど前半に結構読めたみたいです。
太田愛さん、「天上の葦上・下」太田さんは、テレビドラマ「相棒」の脚本を書かれる作家さんです。
上下ということでかなりのボリュームのある本でした。
内藤了さん「首洗い滝」こちらは、暑い夜に読んでみるといいかもしれません。私はこのシリーズ好きです。
大倉崇裕さんの「クジャクを愛した容疑者」現在テレビドラマになっている「警視庁いきもの係」の最新刊です。
テレビも毎回楽しみに見てます。原作のほうも面白いのでぜひぜひ。


7月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:3691
ナイス数:180

アノニムアノニム感想
ちょっと変わったマハさんの作品でした。初めて読み終えられないかもと思ってしまいました。人名がカタカナ読みだったので慣れないせいもあって苦労しました。美術オークションの話は面白かった。続編があって欲しいです。
読了日:07月26日 著者:原田 マハ
オーディションオーディション感想
最終巻を先に読んでしまいました。5冊も読んだ記憶がないなーと思っていたら、こちらの巻を読んでいませんでした。オーディションに取組む芸人さんたちの真剣さが伝わってきた。勝っても負けても・・・の世界ですね。
読了日:07月23日 著者:畑野 智美
探偵さえいなければ探偵さえいなければ感想
久しぶりすぎてどれくらいゆるいのかも忘れておりました。期待を裏切らないゆるさをありがとう。ロボットの話はちょっと切なかったですね。犯罪に利用するのは良いことじゃないですけどね。
読了日:07月19日 著者:東川 篤哉
コンビコンビ感想
いつのまにかシリーズ5冊目、そして完結と。まだまだ社会に出たばかりのメリーランドの二人だからきっと良い方向に成長していくのでしょう。好きなシリーズでした。終わってしまうのは寂しいですね。
読了日:07月10日 著者:畑野 智美
ドクター・デスの遺産ドクター・デスの遺産感想
安楽死という深いテーマでした。犬養さんには最後迷うことなく正義を貫いて欲しかった。これからの刑事人生にどう影響していくのか気になります。
読了日:07月09日 著者:中山 七里
ひかりの魔女ひかりの魔女感想
初読み作家さん。ひかりおばあちゃんの登場で不協和音のあった家族がうまく回り出しました。魔女ですね。おばあちゃんの味が家族みんなを幸せにする。いや、家族だけではないですね、周りにいる人々も。他の作品も読んでみたい。
読了日:07月08日 著者:山本 甲士
首洗い滝 よろず建物因縁帳 (講談社タイガ)首洗い滝 よろず建物因縁帳 (講談社タイガ)感想
表紙がおしゃれなようで怖い。このシリーズ面白いので好きです。夏のこの時期にはヒンヤリしてちょうどいい気もしますが夜読むのはちょっと怖かった。仙龍がかっこよくてドラマ化とかしないかしらと思ったり。続編読みたいです。
読了日:07月07日 著者:内藤 了
ドS刑事 さわらぬ神に祟りなし殺人事件ドS刑事 さわらぬ神に祟りなし殺人事件感想
いつものすごく猟奇事件というわけでもなく冤罪がテーマのお話。うまくミスリードされてしまいました。面白かった。
読了日:07月05日 著者:七尾 与史
クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係感想
早いものでシリーズも4作目。相変わらず具合が面白くて楽しくていいですね。なんとメンバーまで増えてしまってまだまだ続きそうですね。テレビドラマ化されるようで楽しみです。
読了日:07月03日 著者:大倉 崇裕
天上の葦 下天上の葦 下感想
戦時中のお話部分は、読むのに少し苦労しました。なんかただの逃亡物語ではなく、報道についてとか公安についてとか考える機会を頂いた気がする。小さい火は見逃してはいけないんですよね。
読了日:07月03日 著者:太田 愛
下鴨アンティーク 暁の恋 (集英社オレンジ文庫)下鴨アンティーク 暁の恋 (集英社オレンジ文庫)感想
早いものでシリーズも6作目。もっと慧と鹿乃の関係は引っ張るのかと思いましたが結構あっさりでしたね。まあ、そこまでの年月、信頼関係あってのことってことですよね。毎回、着物にまつわる話が楽しみです。
読了日:07月02日 著者:白川 紺子
天上の葦 上天上の葦 上感想
3人が登場の本の中味をほとんど覚えていないなか読み始めましたが何とかなるものですね。途中読むのがきつくなりましたが島へ移動してから復活しましてサクサク読めました。
読了日:07月01日 著者:太田 愛

読書メーター

[PR]
# by meguri-sasayaka | 2017-08-02 12:41 | book | Trackback | Comments(0)

葉月…。

8月に入りました。年々暑さに耐えられなくなってきているような気もします。

昨年、夏に出合った「酵素ドリンク」1年間継続して作って飲み続けております。
私の場合は、こちらを朝食代わりにしています。(事務仕事であまり動き回らないのでちょうどいいようです。)
夏場は冷房で、夕方足のむくみが凄かったのですが、酵素ドリンクを飲むようになってむくみがなくなりました。
昨年、2回チャレンジしたブルーベリー、完成の具合が分からなくて、昨年は成功しませんでした。
今年もチャレンジ、冬場は3週間ほど掛かるものもあったので今回もなかなか発酵しなくても我慢、我慢で25日間で完成。念願のシュワシュワになりました〜。
ブルーベリーは目にもいいので飲むのが楽しみです。明日朝早速、炭酸割りで頂きます〜
e0124178_23125459.jpg


[PR]
# by meguri-sasayaka | 2017-08-01 22:59 | 日々ごと | Trackback | Comments(0)